HOMEhome.htmlshapeimage_1_link_0
訪問看護fang_wen_kan_hu.htmlshapeimage_2_link_0
訪問サービスfang_wen_kan_husabisu.htmlshapeimage_3_link_0
採用情報cai_yong_qing_bao.htmlshapeimage_4_link_0
お問い合わせo_weni_hese.htmlshapeimage_5_link_0

あうる訪問看護

リハビリステーション

236-0031 

神奈川県横浜市金沢区六浦1-17-21 

NYコート金沢1F

TEL 045-788-4180

アクセスマップ▶️akusesumappu.html

FAX 045-788-6650

私たちがお世話をさせていただきます。

HOMEhome.htmlshapeimage_8_link_0
訪問看護fang_wen_kan_hu.htmlshapeimage_9_link_0
訪問サービスfang_wen_kan_husabisu.htmlshapeimage_10_link_0
採用情報cai_yong_qing_bao.htmlshapeimage_11_link_0
お問い合わせo_weni_hese.htmlshapeimage_12_link_0

リハビリの実施

ケース1 脳梗塞・片麻痺

目標:転倒を繰り返しているため、歩行を安定させたい。

①バイタルチェック

再発の予兆がないか、リスクを調べます。

また、その日のお身体の状態によって、リハビリメニューを変更します。

②関節可動域練習

麻痺で硬くなってしまう関節を適切に動かします。

③筋力強化練習

歩行に必要な筋肉を個別に鍛えます。

④起居動作練習

正しい寝返り、起き上がり、立ち上がりを覚えていただくことで、スムーズな歩行の準備になります。

⑤歩行練習

ご利用者様それぞれの環境やニーズに合わせた歩行で、転倒を防ぎます。

⑥転倒予防練習

転倒しやすい環境を予測し、状況に合わせた応用歩行を行います。

ケース2 パーキンソン病(PD)

目標:転倒なく在宅生活を維持したい。

①バイタルチェック

進行により障害されやすい呼吸器機能などもチェックします。

②関節可動域練習

進行により、硬くなる関節機能の維持改善を図ります。

③筋力強化練習

動かなくなることで、萎縮がすすむ筋力の強化を図ります。

④歩行練習

特徴的な歩行機能の低下に対してのアドバイスを含めて練習を行います。

⑤環境整備

転倒を減らす工夫を環境面からも提案します。

sabisu_nei_rong.html
go_li_yongitadakeru_fang.html
fang_wen_kan_hu_rihabiri_kai_shimadeno_liure.html
go_li_yong_zhe_yangno_fu_dan.html
http://87753be3315371e8.lolipop.jp/owl_web/panf001.pdf
会社概要/個人情報hui_she_gai_yao.htmlshapeimage_31_link_0
会社概要/個人情報hui_she_gai_yao.htmlshapeimage_32_link_0