訪問看護ステーションは子育てに最適な環境

弊社の訪問看護ステーションでは子育てをしながら働くスタッフが圧倒的に多いです。

子どもの年齢に応じた、弊社での働き方をご紹介します。

 

妊娠・出産期 

妊娠おめでとうございます。子供が産まれるという期待も大きいですが、同時に出産に対する不安も多い時期です。体調も不安定なこの時期は、自分自身の体調を何よりも一番に考える必要があります。体調が悪いときは無理せずに休める環境があると、この時期を乗り切るのが楽になります。職場の上司に相談しつつ無理のない働き方を心がけてください。妊娠後期には、出産へ向けて産前産後休暇や育児休暇、復帰へ向けてのイメージを上司や人事の方と相談するとよいと思います。

看護師からのメッセージ

この頃の仕事は体調に合わせて、調整してもらっていました。入浴介助等、特にハードな業務は外してもらっていました。妊娠期は時期によって体調の変化が大きいので、仕事をするのがつらい時期もありましたが、「つらいときはみんなでサポートするから体調優先で休んでよいよ」と声をかけてもらっていたので、精神的にも大きな負担はありませんでした。休みの調整は柔軟に対応してもらっていたので、つらいときは休みをいただいていました。
妊娠後期の身体がつらくなってきてからは、フルタイムから時短へ勤務時間を変更して、お腹の赤ちゃんや自分の身体への負担を考えながら働くことができました。

福利厚生制度のご案内

妊娠期には体調に合わせて6時間の短時間勤務にしたり、出勤時間を通勤のピーク時間を避けるように調整したりできます。

電車から車通勤への変更なども、柔軟に対応しています。

検診などでのお休み時はチーム内でフォローする体制が整っていますので、心配いりません。

産前休暇は出産予定日の6週間前、産後休暇は出産後8週間。育児休業は産後休暇後、子供が1歳になる前日まで取得可能です(保育園が決まらないなどの場合は最大2歳まで延長可能)。

男性も育児休暇を取得できます。

職場復帰時期 0~2歳

子供の成長が日々感じられる時期ですね。赤ちゃんの寝顔は天使の様で、毎日可愛くて仕方ないのではないでしょうか。
仕事も大切ですが、子供との時間も大切なこの時期、時短勤務などで子供との時間を多くとっている方も多いと思います。
初めての子供の場合は特にライフスタイルが変化しますので、生活に合わせて柔軟な働き方ができる環境があるとよいですね。

看護師からのメッセージ

産休、育休でしっかり休めるので、安心して出産・子育てができました。男性も育休可能なので、男性スタッフが1ヶ月ほど育休を取っているケースもありましたね。復帰後は、時短勤務で1日6時間勤務で働いていました。時短でも常勤扱いで福利厚生制度もフルタイムと変わらないので安心して働けました。保育園は家の近くにあるので、子供を保育園に預けてから、出勤していました。時短勤務は基本的に時間外勤務はしないようになっているので、時間超過しそうな仕事はフルタイムの常勤に任せていました。定時に帰れるので、子供との時間も十分にとることができるので、良かったですね。
子供が急に熱を出したりするこの時期は、急なお休みをいただくことがありましたが、周りのスタッフが訪問を変わってくれたりとフォローしてもらいながら業務を行っていました。他にも子供が小さいスタッフが多くいるので、お互いにフォローしあっており、気兼ねなく休みをもらえる雰囲気です。

福利厚生制度のご案内

育休からの復帰時は1日6時間の短時間勤務にしたり、週4日8時間勤務で出勤日数を抑えたりして、お子さんとの時間を大切にした働き方ができます。

子供が小さいときは急に熱を出したりして早退することもあると思います。弊社では1/4日(フルタイムの場合2時間、6時間時短勤務の場合1.5時間)から有給休暇を取得できるため、有給休暇を使って早く帰ることができます。

勤務形態の変更は柔軟に対応していますので、子育てが落ち着いてきたらフルタイムに戻る方も多数います。

3~5歳

毎日いろいろなことを覚えて、成長していく好奇心いっぱいの時期ですね。一人でできることも増えてきて、少しずつ親の手を離すことができたころではないでしょうか。幼稚園や保育園に入園し、職場復帰をする方も多いと思います。
この時期はまだ子供が体調を崩すこともありますので、休む時のフォロー体制など環境が整っている職場だと復帰もスムーズですので、事前に相談しておくとよいと思います。

看護師からのメッセージ

私は子供が3人いて、家庭がバタバタしていたので、この頃もオンコールはなしにしてもらっていました。オンコールはなしにもできるし、やりたい人は生活に合わせて上長と相談して、月1回から可能です。オンコールの回数はシフトによって毎月決めるので、家庭環境に合わせて、徐々にオンコールをしていくことができます。もちろん、基本的にオンコールなしの働き方もできるので、生活に合った働き方がしやすい職場だと思います。

福利厚生制度のご案内

1日6時間の短時間勤務、週4日8時間勤務などの時短勤務は子供の年齢に関係なく利用できます(育児が理由でなくても、自己研鑽の研修を受けるために週4日勤務にしているスタッフもいます)。

プライベートも充実させることで、仕事も良いサービスが提供できると考えていますので、生活に合った働き方ができように様々な勤務形態を用意しています。

まだまだ子供が熱を出したりして早退することもあると思います。弊社では1/4日(フルタイムの場合2時間、6時間時短勤務の場合1.5時間)から有給休暇を取得できるため、有給休暇を使って早く帰ることができます。

小学生以上

「小1の壁」という言葉がありますが、保育園に比べて、仕事と育児の両立が大変になる方もいるかもしれません。夕方遅くまで預かってもらえた保育園に対して、小学校は15時頃までと早く終わってしまいます。「学童保育」を利用して、仕事を続ける方も多いと思います。子供も新しい環境に慣れるのが大変なので、子供の心のケアなどにも注意が必要な時期です。家族や同僚などに相談したり、いろいろなサービスを利用するなどして、大変な時期を乗り切れるように良い方法を考えていきましょう。

看護師からのメッセージ

小学校低学年の時は子供が一人でできないこともまだ多いので、6時間の時短勤務を選択して宿題を一緒に見たりなどの時間を作るようにしていました。
時短勤務には年齢制限がないので、自分の納得いく育児ができるように時間を使うことができました。子供の学校行事や役員会などの時は、他のスタッフに訪問を代わってもらい参加することができていました。周りのスタッフも同年代の子供が多いので、お互い様で調整して休める環境です。

福利厚生制度のご案内

時短勤務は年齢制限を設けている会社がほとんどだと思いますが、小学校に入っても時短勤務を希望するスタッフは多くいます。利用者様の生活を良くするためには、まずスタッフの生活が充実しなければならないとの考えのもと、働きやすい勤務形態をいろいろと作っています。
小学校では面談などで短時間仕事を抜けたいなどの希望もありますので、2時間からの有給休暇を使用して早退や中抜けなどできるようになっています。