MENU

あうる訪問看護リハビリステーション

私たちは神奈川県横浜市金沢区を拠点とする訪問看護ステーションです。

訪問看護、訪問リハビリのサービスを専門として、在宅で生活されている利用者様に対して、より良い生活ができるようにサポートています。 看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士と全職種が揃っており、在宅においてトータルなケアを提供できる体制が整っています。

特に『自立支援』をキーワードに訪問サービスに取り組んでおり、他社の訪問看護ステーションよりもリハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)を多く配置しています。在宅での充実したリハビリテーションをしたいという方に多く利用して頂いています。


訪問看護ステーションとは

専門のスタッフが住み慣れたご自宅での療養生活を支えます。
看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が療養上必要なことをサポートします。
在宅生活の専門家が一人ひとりの病状を診て、自立した生活が送れるように必要なことをアドバイスします。
訪問看護ステーションで働く職種は介護保険サービスの中でも数少ない医療系のスタッフで構成されています。病院での勤務経験があるスタッフが多く、病院からの退院後も同様の医療処置やリハビリテーションなどを行う事ができるため、訪問看護ステーションのスタッフがかかわることで、退院後も不安なく生活を送る事ができます。

訪問看護サービスの詳しい内容はこちら


コンセプト

私たちは『個人の幸せから地域の幸せまで』を活動理念として、利用者様の幸せに貢献していきたいと考えています。

外観

質の高いサービスを提供することで、利用者様の生活をよりよいものにし、やりたいことの達成や地域への参加を積極的に支援していきます。また、専門職としての知識・技術を地域での活動へも還元し、訪問看護ステーションとして地域に根ざした活動をしていきます。

私たちが特に力を入れているところは『自立支援、活動と参加』です。在宅生活において、自分でできることをなるべく増やしていくことが、利用者様の生活の質や生きる力を向上させると考えています。

私たちは看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が連携することで、利用者様へより良いサービスが提供できる体制をとっています。その取り組みの1つとして、週1回の「全職種合同での勉強会」の実施があげられます。この勉強会は自立支援、活動と参加をテーマにしており、多職種の視点をもってサービスに取り組むように事業所全体で取り組んでいます。


 

『あうる』の由来:

あうるとは英語でフクロウの意味です。利用者様・ご家族が苦労しないように訪問看護・訪問リハビリのサービスを提供していきますという意味で、不苦労(ふくろう)から名前を付けました。